フコイダンの秘めたる効果|病気から体を守ってくれる働き

わかめ

ネバネバ成分で健康に

元気な夫婦

海藻の脅威に注目

フコイダンとは、モズクや昆布など、海藻類に含まれるネバネバした成分のことを指します。この成分は、多糖類という糖分の一種で、様々な病気の予防や改善に効果があると言われています。フコイダンには、がん細胞に死滅を誘導させるアポトーシスがあり、フコイダンを含む海藻を多く食べている地方は、がん発生率が他県よりも少ないというデータもあります。フコイダンの含有率が最も多いのは、沖縄もずくですが、ガゴメ昆布のフコイダンも今、注目されています。フコイダンは、がん細胞だけでなく、生活習慣病を防いだり、免疫効果も高める食物です。人の身体に有害な活性酸素も攻撃し、撃退してくれる効果があります。是非、毎日の生活に取り入れ、フコイダンの素晴らしい効果を実感したいものです。

摂取法に注意を

海藻に含まれるネバネバヌルヌルした成分は、栄養がたっぷり含まれています。効能、効果は数々あり、がん細胞の死滅だけではなく、コレステロール低下、血糖値、中性脂肪、アレルギーなど効用をあげるときりがないほどです。その中でも免疫を高める成分は、血液をサラサラにして病気の根源を抑制する働きを持っています。女性に人気の部分は、肥満やダイエット作用があり、若々しさが保てる効果です。ところが、フコイダンは体内にあまり吸収されず排泄されてしまう多糖体です。やみくもに食べるだけでは、その効果を実感できません。フコイダンを吸収させるためには、低分子化された健康食品などで摂るのが理想的です。免疫細胞を司る腸管にしっかりと届けさせることが、効果を高めるコツと言えるでしょう。